かかりつけ医制度って

またまた、お久し振りです。
で、このブログを更新する時って、また手術とかの時ですね。

実はそうなんです、今回もまた手術します。
今度は、胆石。
元々、胆嚢にポリープがあるというのは、マンマのフォローの10年間でずっと言われていて、そのまま様子見状態。マンマの年季が明けて、3年目に乳癌検診で主治医のJ野先生が行っているクリニックで検査した時に、胆石がある、で、経過観察でした。

ところが、ここに来て、七転八倒とまでは行きませんでしたが、食後に胆石の発作と思しきが起き、相次いで、右背中も痛くなったりで、近くの胃腸科に飛び込んで診察。肝機能が先生も黙り込んでしまうほど発作直後は落ちていて、えぇ~~~!!と大いに焦りましたが、一過性だったようです。

で、見てくれた胃腸科の先生もエコーをして胆石とポリープがある事・肝機能もまあ普通に戻っていることから様子見でウルソを出してくれていましたが、私的には、爆弾を抱えているようなもので、1人暮らしでもあるうえ、これじゃ旅行にも行けないじゃんという事で、手術を考え始めました。

この時面倒だったのが、かかりつけ医制度。
最後のマンマの手術のフォロー明けからすでに6年も経っていて、子宮筋腫の時や母親の時にずっと頼りにしていた大学病院とは既に関係も切れていて、かかりつけ医の紹介がないと、いきなり診てもらいには行けない状況。

厚生省の医療費抑制の為という政策ですが、自分が頼りにしているところで診てもらえないというのも凄く回りくどい。結局はあちこち調べて、提携医のところで紹介状を書いてもらって、またいつもの大学病院の胆・肝・膵外科の先生に診てもらえることになりましたが、かかりつけ医なんて持たない身としては、とっても困った1ヶ月でした。

ネットであれこれ検索して、大学病院の提携医とし名を連ねていたクリニックに紹介状を書いてもらいに行って解ったことは、提携医でなくとも、最初に駆け込んだ胃腸科の先生に頼めば、紹介状は書いてもらえるとの事。な~んだという感じでした。

で、当の大学病院の診てくれたドクターは、誰の紹介かなんて一顧だにせず、すぐに手術を前提に色々な検査を組んでくれました。更に、驚いたのは、マンマの時の執刀医やその後の主治医のドクターのことを全て知っていたこと。大学病院の同じ外科なので、学生時代からずっと知っていた仲間だからですね、きっと。今その二人のドクターがどうしているかもちゃんと知っていて、J野先生がTK大の教授になっていて、クリニックには月に1回しか来なくなっていることもツーカーでした。そういう事がこちらとしては凄い安心感につながります。私にとっては、子宮筋腫と乳癌とで20年通っていたこの大学病院こそがかかりつけ医。その他のクリニックは、ほんとに単発で1,2回位しか診てもらってないし。

ま、そんなこんなで、MRIの検査が来月。胆管に結石が無い事を祈りつつ(ってそれだと内視鏡術になるらしいから)また、なれ親しんだ大学病院通いが始まります。

| | コメント (0)

お久し振り雑感

およそ1年ぶりです!
この間に、白内障の両目手術を行ない、足腰も整形外科でMRIも撮ってもらって異常なしを確認し、つい先だっては、恒例の胃カメラ検査も行ないました。


白内障は、結局単焦点レンズにして、遠くが良く見えるように設定。近場と乱視は眼鏡での矯正となり、快調です! 術後初めて見た世界、ものすごく青く明るく、従前とは大違いで感動しましたが、今は慣れてしまって、それ程でもありません。良い先生にめぐり合えてほんとに良かったと思っています。


思うに、白内障の手術、大学病院とか地域の公立病院では、手術時期、患者の不便さとは裏腹に、かなり長く経過観察にして、なかなかすぐには手術にしてくれませんが、一般の開業医では、すんなり手術にしてくれますね。年齢もあるのかもしれませんが、友人もかなり見えづらくなっているのに、まだまだと言われ続け、別の目の病気が見つかった為、ようやく手術できる運びとなりました。医学的見地からなのか、病院の都合からなのか、患者にはわかりませんが、他人が考える以上に白内障は本人には不便で見えづらいから、危険ではあります。


右脚の痛み、膝の痛みは、結局レントゲンで、石灰化がみつかりはしたものの、MRIでは異常なく、湿布の膏薬だけです。ネットでも足腰膝痛の人の多くは異常ないのにでも痛いそうなので、職場環境と老化だと諦めて、良いと言われているストレッチや筋肉強化体操を試みています。不思議な事に膝の痛みから右脚の外側の痛みも生じた脚の痛みは、少しずつ痛いところが移動して、今では、膝の痛みは普段は気にならなくなり、むしろお尻の後ろの神経がしびれる、坐骨神経痛的症状に変化してきています。

足腰首の痛みって、寝具にも大きく左右されているのでは、と最近富に思っています。


最近のテレビ番組、医療や健康の番組が多いと思いませんか? 
何とかの医学とか名医のなんたらとか・・  皆さんそれだけ自分の健康には関心があり、つまりはそれだけ気になるところがあるという事ですね。そして、一番の原因は高齢化でしょうね。


最近、腹腔鏡手術が話題に上っていますね。私もこんなに危険だとは知りませんでした。スキルも高くないといけないとかそういう面の情報はあまりなく、むしろ、術後のクオリティ・オブ・ライフの方が盛んに言われていて、患者としてはそちらの良い面の情報しか知らされていなかった気がしますね。


今日はとりとめもなく近況報告(って誰に?)と雑感でした。(^^;ゞ

| | コメント (0)

ドクターG

NHKの夜のテレビ番組で、「ドクターG」なるものがある。
ドクタージェネラル、総合診断医の意味らしい。


この番組が出来た当初より、好きで見ている。
患者の主訴に対し、どういう病気を見立てるか? がこの番組のテーマだ。


最初は、見立ての仕方も右往左往している感があったが、今ではすっかり安定してきた。主訴に対して見立てた病名で、全て説明できるか、矛盾する症状・説明できない症状はないか? を徹底的に議論する。


研修医達の知識が問われる。
この番組を知って、自ら他流試合を申し込む、みたいに出演してきた研修医もいて、見ている側も、研修医が出した病名が正解なのかどうか、出演している研修医の人物をも含めて、毎回興味津々で見ている。


しかし、この病名判断って、パソコンがこれだけ普及した現在、、病気に特有の症状のデータベース化ができれば、患者の主訴をそのデータベースと照らし合わす事で、容易に病名が絞れる様になるのでは?、と回をすすめる毎に思い始めた。


現在は、データベース化されていない分を、知識量に勝る医師がどれだけ正確に主訴と症状を病名に合致させられるかどうかの問題だけのように見える。だから、今のところは知識豊富な=優秀な=勉強が出来る・出来たドクターが頼りになるわけだ。


しかし、近い将来、症状と病気のデーターベース化が出来、その治療方法も全てコンピュータで処理できるようになった時、人間としての医者の必要性は何だろう?


患者の訴えに対し、病名を判断し、投薬もし、手術も勿論コンピューターがやる。検査結果の判断も勿論コンピューターで足りるし、データーベース化が正確であれば、見落としも少ないだろうと予想される。


こんな近未来において、では人としての医者の必要性はなんだろうと患者の立場で考えると、それはやはり、人間力、患者に対し人として向きあう、信頼できる、安心できる存在としての医者だろうという気がしてくる。


しかし、その事もうかうかしていると人型のコンピューターロボットが対処してくれるかも知れない。 正確で優しく患者と向き合ってくれるなら、患者は機械であろうと信頼してしまうだろう。


果たして、近未来型社会では、医者や看護師、検査技師などの職業はなくなり、全てはコンピュータやロボットが担う事になるのだろうか?
そんな社会で人は、一体何をしているのだろう?

| | コメント (2)

逆流性食道炎

こんにちは!
今回も胃カメラ検査、やはり大変でした。(>_<)
主治医のO田先生が出張の為、別の先生でしたが、とても丁寧に気をつけながらやってくれましたが、2回ほど手を挙げて、動きをしばし止めてもらうことがありました。

帰宅後、今回はなんとなく軽く済みそうな予感がしましたが、翌日のみ吐いていただけで助かりました。初日と2日目の頭痛が半端なく、頭痛持ちだからとあきらめていますが、お陰様で復調順調です!

検査中、胃と食道の境目あたりに逆流性食道炎の症状があり、バイオプシーしました。今流行りの食道炎ですね。

さて、問題は、主治医のO田先生が急の出張で、予定より1週間遅れでないと診察に行けず、それまで薬なしでこの胸焼けに対処しなければならない点です。

といっても、胸焼けはお昼に食堂の定食などを食べずに、いつも持参している少な目の小さなパンを食べている分にはあまり起こらないので、ま、大勢に影響はないんですけどね。

それにつけてもファイバー検査は、相変わらず辛いなぁ~。

| | コメント (3)

NGなナース NGなドクター

久し振りに手術前採血や心電図を取ったりして、思うところがあったので、これまでの通院・入院生活で見たNG集をちょっと書いておこうと思います。

採血編:

●採血の針がまだ刺さっているのに、止血の事に頭が行ってしまい、刺さっている針の上から脱脂綿で押えるナース

ギャ~~っと言うほど痛かった。(その時悲鳴をあげたかはもう記憶にない。患者はえてして遠慮がち。)
血サラサラの薬服用していると申請しているわけでもないのに、採血後の止血ごときを気にして本末転倒!

これ全て惰性だと感じた。

きちんと基本に戻って下さい!

●採血の前に脱脂綿で消毒したあと、また指で血管の位置を確認して、その後消毒しないドクターとナース

バッチイでしょ! 

なんの為の消毒なんだか!

●上の血管を突き破り、下の血管から採血するナース

勢いつけすぎ!
見る見る腕が青く膨らんで、その後1週間、まるで打撲したみたいに痛かったよ。

もう少し丁寧にやりましょう。

病棟編:

●毎朝6時少し前に、点滴台を引きずりながら病室にやってくる途中で、必ずどこかにガツンとぶつけて、朝っぱらから騒音を立ててはばからぬ粗忽者研修女医。

早朝の騒音のなんと神経に障る事か。術後の患者はたまったもんじゃない。
元気娘だから病人の気持ちがわからない云々じゃなく、デリカシー欠如じゃね?

●病棟医グループの先輩に言われて患者の術後処置をするのに、利き手の右手しか使わない下っ端ドクター。

絆創膏をはがすのも、患部を消毒するのも片手で。
左手も添えろよ、と言おうとした傍からベテランナースにたしなめられる。
経験不足というより、越し方の生活態度に問題ありでしょ。

2本あるんだから出し惜しみしない!

●病棟主治医が、家族も交え、患者にがん告知をする席上で、居眠りしている病棟研修医

朝早くから夜遅くまで、毎日雑用をこなしている姿は見て知っているけど、それでもこれはさすがにダメでしょ。眠らないように、こらえていて時々こっくりしているなら解からない訳でもないが、主治医の説明が始まったらすぐに自分には関係ない、と思ったか逡巡なく居眠りに入った。

只勉強できただけで、お医者になりましたね。
医者は、病気に対峙すればいいだけではなく、最後には結局患者と丸ごと対峙する、人を扱う職業ですよ。人と関係作れない人は、お医者に向いてません!

さすがにこの時、我が家の兄ちゃんは、退出時この研修医をわざとずっとにらみつけていたし、説明を終えた病棟医が私たちが退出したのを見て意見し始める様子を目の端に見えました。

すべて、経験不足・・ ではありましょうが、患者にとっては、その人に当たるのは一生に一度かもしれませんからね。

| | コメント (0)

白内障手術

お久し振りです!
実は、今度白内障手術をすることになりました。 
4年ほど前にコンタクトレンズからメガネに変えた頃から白内障の症状は進んでいたのだと、今から考えるとわかります。
左目の視力がひどく落ちていったからです。

で、ま、一番の問題はどの病院どの先生の手術を受けるべきか、だったのですが、住まいの近くでの眼科に関してまったく口コミ情報がなく、1年ほど前に新聞折り込みに「このたび開業しました。」という折り込みを入れていた駅前の眼科クリニックのチラシを頼りに受診しました。

その時この先生の所で受診しようと思った決め手は、やはり先生の経歴です。
開業するチラシに、その先生の経歴が載っていました。
既存のクリニックは、ホームページがなかったり、あってもドクターの経歴が掲載されていないところが多く、かかりに行きたくても決め手がありません。
地元に長く居る人なら、口コミ情報があるのでしょうが、生憎手術に関しては口コミ情報あまりありませんでした。

新しい土地に引っ越してきた場合や、地元でほとんどお医者に掛かったことがない場合、手術に関してはどの様にして情報を得たらいいのか苦慮します。

今回は、白内障手術という比較的多くなされている手術なので、ま、大丈夫だろうとこの新しく開業したドクターのところに行きました。
開業したてのクリニック独特のにおいがしていましたが、想像以上に立派な、現代的検査器具を備えたクリニックでした。

ただ、日帰り手術もここでは行なわず、東京都保険医療公社がやっている、ここら辺の地域医療支援病院で手術室を借りてやるとの事です。

今日、手術の為にこの病院を受診してきました。
ここはかかりつけ医の紹介がないと受診できない病院なので?すっごくすいていました。
これまで、都内の大学病院と国立病院でばかりの受診なので、同じく紹介による受診とはいえ、ずいぶん差がありました。

全身は、老人医療センターだったとの事。


一日入院日帰り手術という形態に成るとのことで、手術の申し込み手続きをしていたら、2人ほど、紹介なしで受診に来ていた人がいて、断られていました。ここは、後でHPで病院の概要をよんだら、地域の救急小児医療も担う事になった、とありまして、断られていた人がこどものお母さんだったので、何だか釈然としないものがありました。


どんなにすいていてもダメなものはダメなんですね。


って、まぁ、今日はおよそ10年振りに手術になるので、このHPに書いたことがまたまたそのままだな、と思ったのと、これで最後にしたいな、と思ったりしたので、ちょっと書くつもりがまたまた長くなってしまいました。


この病院、かつてのらい病患者施設全生園のすぐそばにあります。
この辺は、かつて日本文学に良く出てきた療養所やサナトリウムのあった地域ですが、今では住宅街です。
それだけ、医学が進歩したという事ですね。このあたりをバスで通るたびに感慨深いものがあります。

| | コメント (0)

胆石と肝臓にのう胞

皆さん、こんにちは!
前回の腹部CT検査の結果を聞いてきました! 暑かった~。

結果は、特に何もしなくていい肝臓にのう胞と胆石がありました。
両方とも何もしなくて、毎年の検査のみでいいのですが、肝臓ののう胞がたくさんありました。念の為、その場で肝臓のエコーをやってみて、丸いのう胞の下に尾があることを確認し、肝のう胞であると確定。水の袋です。人間の体が6割水分からなっているため、腎臓や肝臓などにしばしば見られるものだそうです。

ネットで検索したら、今回同様エコーの検診時に良く発見されるとありました。
また、胆石は、そういえば、マンマの定期検診の時、ずっと胆嚢に小さなポリープがあるといわれていたのを思い出しました! 検診メモにもその旨書きとめてありましたし。

ただ、最後の2年くらいで胸部と腹部エコー検査の人が毎回変わり、最後の2年は胆嚢ポリープ、肝臓の血管腫のことは何も報告無かったです。カルテ読めばわかるからと、こちらから何も申告しないのもいけないんですかねぇ?

ま、とりあえず、特に悪いところは無いので、また来年の定期検診までですね。コレステロールももう少し気を使った方がいいのかなぁ? これまでも気を使っていたけど、独りよがりだったかな?

| | コメント (2)

番号で呼ばれる!

Webニュースに、岩手県議が岩手県立中央病院を受診した際に番号で呼ばれたことに憤り、「名前で呼べよ!」などと職員に食って掛かり、会計をせずに帰った顛末をブログに投稿したところ、これが「暴言」としてネットで話題になり、ブログを閉鎖したそうだ。県議を辞職する考えはない・・なんてニュースは書いている。

ハハハ。
この県議は、日頃から健康なほうなのか、お医者にかかっても地元のクリニックばかりだったんでしょうね。個人の医院では、まず番号で呼ばれる事はない。大病院で番号で呼ばれる時って、大概院内処方箋が出ている、薬が出ている時と会計の順番待ちの時だ。診察の時に番号で呼ばれる事は無い。会計と薬の時は、整理番号札が出て、その順番に会計や薬が出てくるからね。


個人の医院やクリニックでは、薬も会計処理も全部揃ってから、個人名が呼ばれる。その辺の事、知らなかっただけでしょう。知ってしまえば恥ずかしい限りだが、「暴言」というほどの事でもあるまい。「ここは刑務所か!」とは、本人本当にそう思ったんでしょうから。


それとはまったく関係なく、自分はえらい県議なのに、名前で呼ばないとは何事! というような経緯だったら、当の県議の品性の問題でやはり暴言というほどの事でもないでしょ。誰か、動画を撮っていなかったのかしら? 動画だと一番経緯がわかるのにね。

| | コメント (2)

診療の度に5000円!

お久し振りです!
マンマが10年の年季あけ、その後はJ野先生が行っているクリニックに毎年・・という事だったのを、さぼりにサボって、ようやく本日3年ぶりに行ってきました。

行く前に予約のTEL入れをすると、診察の度に5000円掛かりますが、いいですかとの言葉! 一体何の診療報酬だろうと都合何回の診察になるか計算して、ま、まずは行って見るかと、本日の診察になりました。

場所は、新宿、西新宿のビル内。いや~、予めグーグルで地図見て行きましたが、迷いました。大体、新宿へ出るのももう今じゃめったに無くなっているしで、様変わりした新宿は歩くと自分が蟻んこになった気分。

で、J野先生が第一と第三土曜日の午前中だけ診療しているクリニックは、待ち時間にその設立沿革史を読んで、会員制のクリニックでもあるという事がわかりました。それが、診察の度に5000円余計に掛かる理由でしょうか?

マンモグラフとエコーは即日検査と判定が出来て、楽ですが、CTは別途このクリニックの別院で撮ります。その後、検査結果の為の再来。CTの時には5000円は不要との事。

つまり、先生に診察してもらう度に通常の医療費以外に別途5000円が必要になるという事です。今日もらった領収書には、「専門医予約診察料」とありました。その他の検査費は通常の3割負担なので、所謂自由診療とかいうのとは違うんですね。昔(今もかな?)父の同期の開業医が健康保険の利かない自由診療とかいう報酬体系を採用して診療していると聞いた事がありましたが、それとも違うという事ですね。診療報酬制度の事良く知らないので、こんな「会員制」のクリニックなんてものも世の中にはあるんですね、ちょっと驚きました。

J野先生は、相変わらずの安心感で、今風のお洒落な眼鏡をかけていました。検査結果は特に問題なく、本人もマンマに関しては何も心配していないのでそれはそのとおりでしょう、という結果です。

後は、後日に肝臓なども含めてのCTと腫瘍マーカーや貧血などの有無の血液検査の結果だけみれば、1年に1度の健康診断と思っています。
今回3年サボっていたのに、思い立って行ってみたのは、1年に1回・・といわれていた事もありますが、最近やけに疲れやすく体のあちこちが痛いので、考えられる原因つぶしの為です。整形外科的なものはすでにチェック済み。後は貧血のチェック。腰が痛くなるので、膀胱腎臓などもつぶしておく予定です。

今までずっと大学病院などの大きな病院でしか診てもらった事がなかったので、家の近くのクリニックや、こうした個人のクリニックで診てもらうのってまだ慣れない。どこがいいのか探すにも情報が少ないし・・。

ま、今年は健康診断の意味も兼ねて、気になるところはチェックしておこうと思います。

| | コメント (2)

今年も大丈夫!

お久しぶり! 今年の胃カメラ検査も平穏無事に済みました。 
検査後吐き気と頭痛がないことがどれほどありがたいか。
あの吐き気と頭痛はもう嫌なので、検査前日はたっぷり寝て、体調管理しています。
そのせいかしら~?
今年も吐くこともなく平穏無事に検査後を過ごせました。

あ~、よかった。

検査結果を聞きに来た外来のあと、すぐそばにある築地場外市場に行ってきました。
病院のあとここによるのは初めてでした。
時間が午後の2時半を回っていたので、大方の店はもう閉まっていましたが、
銀鮭の大きな切り身を買って帰ることができました。

築地の場外市場なんて、この病院に来るついででもなければ、行かないところですもんね。
食べごたえのある鮭でした。 5切れで1000円。
マグロの柵(さく・・ってこの字でいいのかな?)も1000円でした。
きっとおいしいんでしょうね。 今回はこのあとあちこち寄るところがあったのでパスしました。
いつかマグロも買ってみますか。 

| | コメント (0)

«胃カメラ検査 吐き気なし!?