« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

良性でした!

先日の大腸検査の結果を聞きに行って来ました。
最初から、大したことない、と思ってのんきに出かけました。 結果はやはり良性。
大きさも2ミリほど。 


ま、大腸ポリープは皆が持っているものとか先生言ってまして、3年くらい毎に検査を・・
という事になりました。 本とは2年でしょ。 たまたま何度も検査が延びて今回3年目
になってしまいましたが・・


来年初めの胃カメラ検査の日程も決めてきました。 胃カメラ検査後最低でも3日は
飲み食い一切受け付けなくなるので、検査後に点滴が出来るかどうか聞いてみました。
癌の通院治療をしている人で満杯状態で入る隙がないのだそうです。
自宅近くの医院で往診してくれるところを開拓しておこうと思います。 I橋クリニックかな?


診察後、お腹がすいて水の様に薄い自動販売機のカフェラテを飲みつつ、壁に飾って
あったこれを撮影。

Image


で、お腹がまだくちくならないので、売店をちょろうろ・・
こんなものを発見! 寒い一日だったので、思わず買ってしまいました。

Sany0003


チンして食べる根菜トマトソースリゾットと海の幸うま煮。
実は下にご飯が入っていたのでした。 家に帰って2つともチンしてしまい、ありゃりゃ!
野菜がこのところ白菜オンリーだったので、野菜をたべようと思ったのでした。


Sany0004


トマトリゾットの方が味が濃い分、まあ美味しかったかなってところでしょうか。
寒かったものですから、12階のレストランで築地の寿司を食べる気にはなれなかったのでした。

| | コメント (0)

大腸ポリープがまたありました!

みなさま、お久しぶりです!
3度目の正直。大腸検査トライ3回目で無事に検査までこぎつけ、
且つ又ポリープを1個発見、即時その場で切除と相成りました!


今回は最初にポリープを発見した時と違いその場で切除できて
ラッキーでした! 前回は、下剤を吐いて吐いてようやく午後4時
過ぎに検査台に乗ったはいいけど、いざ切除しようかという時に
ゲーっと吐いてしまってその場でポリープ切除とはいきませんでしたから。


でもまあ、大腸検査といい胃カメラ検査といい、検査そのものも、また
検査後の日々も実に苦しいものです。
胃カメラのあとは3日3晩、水すら受け付けませんで吐いています。
大腸検査では、検査後吐いて過ごした経験はなかったのですが、
今回から吐き始めました。2日間。
で、ともにこんこんと寝ています。内視鏡検査といえど身体には
かなりの負担があるんだと思います。 そうでなかったらあんなには
寝ないでしょう。


今回は、検査室の人員が少し変わっていました。
いつもいたボブスタイルの背の高い受付の人はいなくなり、看護婦
さんもお初の人。 検査してくれた先生も若いドクターだった。 


ただ、ここの病院のいいところは、患者の情報共有がよく出来ていて、
V-shan がこれまで何度も吐いて下剤が飲めないでいることへの
配慮が徹底されていました。 検査に行って見ると、初めての看護師
さんがいつもの真っ白な検査前の下剤を飲む部屋ではなく、内視鏡
検査後のリカバリー室のベッドの方に下剤等を用意してくれて、こちらで
ビジクリアを飲むように連れて行ってくれました。 暖房が効いていて
少し暑いのでどうだろうと思いましたがベッドで横になってお腹をさすったり、
苦しくなって来た頃少し休んだりができて、結局ビジクリアを半分飲んだ
あたりでOKの状態になりました。経験上あれ以上ビジクリアを飲んで
いたら、完全にゲーゲーが始まっていたと思う。 


但し、内視鏡検査は痛かった~。 もちろん今回も麻酔など一切なしでの
検査なので当然だろうけど、S状結腸の辺りでなかなか先に進まない状態と
なり、あまりに時間かかるのと痛いので『今、どのあたりですか?』ときいたら
S状結腸辺り・・と言われ、ガックシ。 過去に2度、開腹手術をしているので、
癒着がひどいみたいだ。 先生も大変だけど、V-shan も大変。思わず、英国
のエドワード2世だったかしらの男色王がフランスから娶った嫁に反旗を翻られて、
牢獄にて焼火箸の拷問を受けたという逸話を思い出し、エドワードはこんな
もんじゃなかったんだからと、おかしくもない我慢をしたりした。


ま、S状結腸を通りすぎれば後はそれ程でもなく、また例によってモニターを
じっと見ていて、「あ! 先生それポリープですね!」「そうですね、ポリープです」
のやりとり。 まん丸のポリープメが上行結腸部にありました。
 

その他のところにも先生青い液をかけてみていましたが、組織とらなかったので
何でもなかったのかな?


検査結果は2週間後。 
それにしても結局最後に辛い検査だけが残ったか・・という思いがある。
これから先歳をとればとるほど辛くなる検査だけが延々続く・・
だれか早く小腸を検査するカプセル型のカメラに内視鏡的技術も兼ね備えた
精密医療ロボットを作ってくれないかなぁ・・


作ってくれたらその人にV-shan 毎年盆暮れに付け届けするわ。 

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »