« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

胆石と肝臓にのう胞

皆さん、こんにちは!
前回の腹部CT検査の結果を聞いてきました! 暑かった~。

結果は、特に何もしなくていい肝臓にのう胞と胆石がありました。
両方とも何もしなくて、毎年の検査のみでいいのですが、肝臓ののう胞がたくさんありました。念の為、その場で肝臓のエコーをやってみて、丸いのう胞の下に尾があることを確認し、肝のう胞であると確定。水の袋です。人間の体が6割水分からなっているため、腎臓や肝臓などにしばしば見られるものだそうです。

ネットで検索したら、今回同様エコーの検診時に良く発見されるとありました。
また、胆石は、そういえば、マンマの定期検診の時、ずっと胆嚢に小さなポリープがあるといわれていたのを思い出しました! 検診メモにもその旨書きとめてありましたし。

ただ、最後の2年くらいで胸部と腹部エコー検査の人が毎回変わり、最後の2年は胆嚢ポリープ、肝臓の血管腫のことは何も報告無かったです。カルテ読めばわかるからと、こちらから何も申告しないのもいけないんですかねぇ?

ま、とりあえず、特に悪いところは無いので、また来年の定期検診までですね。コレステロールももう少し気を使った方がいいのかなぁ? これまでも気を使っていたけど、独りよがりだったかな?

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »