« 白内障手術 | トップページ | 逆流性食道炎 »

NGなナース NGなドクター

久し振りに手術前採血や心電図を取ったりして、思うところがあったので、これまでの通院・入院生活で見たNG集をちょっと書いておこうと思います。

採血編:

●採血の針がまだ刺さっているのに、止血の事に頭が行ってしまい、刺さっている針の上から脱脂綿で押えるナース

ギャ~~っと言うほど痛かった。(その時悲鳴をあげたかはもう記憶にない。患者はえてして遠慮がち。)
血サラサラの薬服用していると申請しているわけでもないのに、採血後の止血ごときを気にして本末転倒!

これ全て惰性だと感じた。

きちんと基本に戻って下さい!

●採血の前に脱脂綿で消毒したあと、また指で血管の位置を確認して、その後消毒しないドクターとナース

バッチイでしょ! 

なんの為の消毒なんだか!

●上の血管を突き破り、下の血管から採血するナース

勢いつけすぎ!
見る見る腕が青く膨らんで、その後1週間、まるで打撲したみたいに痛かったよ。

もう少し丁寧にやりましょう。

病棟編:

●毎朝6時少し前に、点滴台を引きずりながら病室にやってくる途中で、必ずどこかにガツンとぶつけて、朝っぱらから騒音を立ててはばからぬ粗忽者研修女医。

早朝の騒音のなんと神経に障る事か。術後の患者はたまったもんじゃない。
元気娘だから病人の気持ちがわからない云々じゃなく、デリカシー欠如じゃね?

●病棟医グループの先輩に言われて患者の術後処置をするのに、利き手の右手しか使わない下っ端ドクター。

絆創膏をはがすのも、患部を消毒するのも片手で。
左手も添えろよ、と言おうとした傍からベテランナースにたしなめられる。
経験不足というより、越し方の生活態度に問題ありでしょ。

2本あるんだから出し惜しみしない!

●病棟主治医が、家族も交え、患者にがん告知をする席上で、居眠りしている病棟研修医

朝早くから夜遅くまで、毎日雑用をこなしている姿は見て知っているけど、それでもこれはさすがにダメでしょ。眠らないように、こらえていて時々こっくりしているなら解からない訳でもないが、主治医の説明が始まったらすぐに自分には関係ない、と思ったか逡巡なく居眠りに入った。

只勉強できただけで、お医者になりましたね。
医者は、病気に対峙すればいいだけではなく、最後には結局患者と丸ごと対峙する、人を扱う職業ですよ。人と関係作れない人は、お医者に向いてません!

さすがにこの時、我が家の兄ちゃんは、退出時この研修医をわざとずっとにらみつけていたし、説明を終えた病棟医が私たちが退出したのを見て意見し始める様子を目の端に見えました。

すべて、経験不足・・ ではありましょうが、患者にとっては、その人に当たるのは一生に一度かもしれませんからね。

|

« 白内障手術 | トップページ | 逆流性食道炎 »

「医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白内障手術 | トップページ | 逆流性食道炎 »