« NGなナース NGなドクター | トップページ | ドクターG »

逆流性食道炎

こんにちは!
今回も胃カメラ検査、やはり大変でした。(>_<)
主治医のO田先生が出張の為、別の先生でしたが、とても丁寧に気をつけながらやってくれましたが、2回ほど手を挙げて、動きをしばし止めてもらうことがありました。

帰宅後、今回はなんとなく軽く済みそうな予感がしましたが、翌日のみ吐いていただけで助かりました。初日と2日目の頭痛が半端なく、頭痛持ちだからとあきらめていますが、お陰様で復調順調です!

検査中、胃と食道の境目あたりに逆流性食道炎の症状があり、バイオプシーしました。今流行りの食道炎ですね。

さて、問題は、主治医のO田先生が急の出張で、予定より1週間遅れでないと診察に行けず、それまで薬なしでこの胸焼けに対処しなければならない点です。

といっても、胸焼けはお昼に食堂の定食などを食べずに、いつも持参している少な目の小さなパンを食べている分にはあまり起こらないので、ま、大勢に影響はないんですけどね。

それにつけてもファイバー検査は、相変わらず辛いなぁ~。

|

« NGなナース NGなドクター | トップページ | ドクターG »

「医療」カテゴリの記事

コメント

私は人様に飲んでもらうのは、楽だ上手だと言ってもらえる方ですが、飲む方は大の苦手です。

投稿: いからし | 2014.02.18 18:04

いからしセンセ、こんばんは!
飲んでもらうの上手というのは心強いです!

でも、あのファイバー、もっと細くは出来ないのでしょうかしら?
これだけ文明の利器が沢山発達してきていのに、胃カメラはあの黒いゴムみたいな無骨なままで、思い出しただけで、初日吐いていました。

カプセルやスキャンによる3Dでも、結局悪いところ発見したら、最後は胃カメラになるんですよね?
だったら、やはり胃カメラの改良をして欲しいです。(ーー;)

人間の胃は、あんなゴムホースが入ること想定していないから、胃が凄くビックリします。

投稿: V-shan | 2014.02.18 22:00

おっしゃる通りです。私は細いものと太いものの2種類を使っています。細い方は画像は十分ですが、吸引力が弱いこと、操作性がどことなく今一で、検査医のストレスはちょっと大きいようです。検査が終わった後、難儀だったでしょうが、これだけの価値があったんですよの説明でご納得いただいています。経鼻内視鏡はもう少し改良されたら導入するかもしれません。

投稿: いからし | 2014.02.19 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGなナース NGなドクター | トップページ | ドクターG »